鍼灸&マッサージ てあて治療院
鍼灸&マッサージ てあて治療院

▼治療について▼

鍼灸治療には「局所治療」と、除痛、鎮痛を目的とするもの、
機能回復を目的とするもの、 自然治癒力、免疫力を高めるものなどがあり、
これらを駆使して皆さんの健康づくりにお役に立ちたいと思っています。

■はり(鍼)
治療血管の拡張と血流改善、新陳代謝の活性化、除痛、鎮痛効果
(脳内ニモルヒネ様鎮痛物質が分泌される。痛み刺激を脊髄で抑制するゲートコントロール)
痛覚閾値の上昇による鎮痛効果筋緊張の緩和
軽刺激でリラックス時に出る脳波であるα波が誘発される 。
末梢神経の遮断効果…針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する等の
複合的効果が期待できます。
鍼にはいろいろな使い方、考え方、諸派諸流あり極端に言えば一人一流とも言えます。

■きゅう(灸)
治療モグサで直接皮膚を焼灼するものと皮膚と灸の間に間隔をあける温灸などがあります。
効果は、はり刺激と同様の作用と白血球数及びリンパ球の増加による免疫力向上。

■あんまマッサージ指圧
西洋由来のマッサージは求心性に主にリンパの流れを促進する手技です。
リンパや静脈血の流れを促進することで、疲労物質が除かれ結果的に凝りも取れる。
酸素や栄養もやはり流れるので疲労回復になるし、治療にも成るという考え方です。
一方、東洋の按摩、指圧はいろいろな流れが悪くなった結果筋肉等の組織が硬くなると同時に
ストレスや内臓経絡等の影響で直接組織が硬く成る事に着目し、
まず硬くなった組織を揉み解す事を優先した技術です。
また、経絡と言うエネルギー経路上に在るツボを刺激する事で
プラスアルファの効果も期待できる手技と言えるでしょう。
鍼灸に比べると鎮痛効果や深層の凝りを取る効果は少し落ちますが、
人の手による揉み解しの快適さはまた格別のものが有ると言えるでしょう。

■どの技術も鍼で刺しただけ、指で漫然と押しただけでは大きな治療効果は望めません。
長年の創意工夫と経験を積んで初めて多くの患者様が満足して戴ける治療が可能に成ります。

以上が公式的な鍼灸マッサージの一般的な説明ですが、
実は東洋の医学は武道、気功、導引術、仙術等人の病気を治すと言うよりは
完全理想の超健康な心身を作り上げて行く技術体系の一部なのです。

総称して命、朴、相、医、仙と言います。

ホーム

特徴

地図

料金

治療について

トピックス
■電話番号/044-814-0340
■営業時間/午前10時-午後9時

Copyright(C)2011
川崎溝口駅 鍼灸&マッサージ
[てあて治療院] All Rights Reserved.